脱毛前後に気をつける注意点

長年に渡る女性のムダ毛の悩みも、脱毛サロンが普及してくれたおかげで解決しやすくなりました。通う回数が多くなるほどムダ毛も減ってくれて、根本的なムダ毛処理の悩みから開放されます。

そんな脱毛サロンに通っている方は、脱毛前後に気をつける注意点がいくつかあります。その注意点を守って、お肌に優しい脱毛を行いましょう。

 

脱毛前のシェービング

まず、予約日直前のシェービングです。
ムダ毛が肌表面に伸びている状態では脱毛できません。

もしムダ毛が伸びている状態で脱毛機の光を当ててしまうと、肌が火傷してしまったり毛穴トラブルが起きたり、強烈な痛みを感じる場合もあります。

そのため、脱毛する部位は事前に自分でシェービングしておかなくてはなりません。
例えば、脇脱毛を受けている人は脇を、ひざ下脱毛を受けている人はひざ下のムダ毛を、予約日までにシェービングしておきます。

なるべく、予約日の2、3日前までにシェービングしておきましょう。
予約日当日だと肌が敏感になっていて、脱毛の施術で肌トラブルを起こす危険がありますから、2、3日前までに終えておくのが理想です。

多少の剃り残しがあった場合には、脱毛サロンによって対応は違います。
その部分だけ避けて照射するサロンもあれば、無料でシェービングしてくれるサロンもあります。

電気シェーバーを持参している場合のみ対応してくれるというサロンもありますし、シェービング代が有料となるサロンもあります。

自分の通っているサロンは剃り残しがあった場合にはどんな処置をしてくれるのかを、しっかりと確認しておきましょう。

また、背中やうなじなど、体の後ろ側はサロンのスタッフの方がシェービングしてくれる場合が多いですから、併せて確認しておくと良いでしょう。

 

お肌に何もつけないこと

予約日当日は、脱毛部位に当たる肌には何も付けて行かないようにしましょう。
クリームやデオドラント剤などが肌に付いていると、充分に脱毛効果が得られなくなります。

夏場は日焼け止めなどを塗る場合も多いですから、施術前にしっかり拭き取っておくなど肌に何も付いていない状態にしておきましょう。

顔脱毛の場合はメイクしたままで大丈夫なサロンと駄目なサロンがあります。

メイクOKでも施術前にパウダールームで自分でクレンジングする必要があるなど、サロンによって対応が違います。これも、事前に予約日までに確認しておくと良いでしょう。

 

脱毛前後、脱毛中の日焼けは禁止

そして、脱毛に通っている間は日焼けは禁止です。
脱毛機の光が日焼けした肌に含まれているメラニンに吸収されると、火傷などを起こしてしまいます。

ほとんどの脱毛サロンが日焼けしていると施術を断られてしまいますから、夏の間はしっかり日焼け対策しておきましょう。

脱毛後にも気をつけたい点が幾つかあります。
毛穴に熱がこもった状態なので、脱毛サロンでしっかり冷やしてくれても肌が火照っているようなら、自分でも保冷剤などで冷やすようにしましょう。

また、毛穴の熱で肌の水分が蒸発しやすくなっています。
アフターケアで保湿してくれたとしても、時間が経てばまた乾燥しやすくなります。
自分でも手持ちの保湿ローションなどでしっかり保湿してあげて、脱毛後2、3日は保湿重視のケアをするようにしましょう。

 

その他の注意点

また、脱毛した日にはやってはいけないとサロンから注意されていることがあるはずです。体温が上がるような行動は肌トラブルを起こしやすくなりますから、避けるようにしましょう。

一番やりがちなのがお風呂です。シャワーはOKですが湯船に浸かってしまうと体温が上がってしまいますから、脱毛当日に体温が上がるほどの入浴は避けましょう。

また、飲酒や激しい運動、サウナなど、どれも体温を上げてしまいますから、脱毛当日には行わないのが基本です。

ムダ毛の悩みを改善するためにも、脱毛サロンで決められたことをしっかりと守って、安全に施術を受けるのが大切です。

どれも基本的なことで脱毛前後に少し注意するだけですみますから、自分の肌のためにしっかりと守るようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ