どんな格好でVIO脱毛するのか気になる

アンダーヘアの状態を気にしている女性は多いもので、昨今の脱毛サロンでもVIOラインの施術を希望している利用者が増えてきています。

最初は恥ずかしさが先立って躊躇してしまうというかたが少なくありませんが、実際にVIOラインの脱毛を経験したかたの口コミやレビューを見ると、

  • 羞恥心を覚えるのは最初の一度だけだった。
  • 思ったよりも恥ずかしさがなかった。

という声が多く、それを見て挑戦をしようと考える女性が多くいるのです。

VIOラインの施術は性器が近いことから、同性であってもなるべく人目には晒したくないと考える部位でもありますが、そういった葛藤も充分に配慮して行われています。

VIOラインを施術する際、多くの脱毛サロンでは使い捨ての紙パンツが用意されており、それに穿き替えての施術になります。

紙パンツがない場合には下着を脱いでガウンを羽織るかタオルを巻く形です。

 

VIO脱毛の流れ。恥ずかしくない?

Vラインの場合

まず、Vラインの場合には仰向けに寝転んで足を閉じた状態での施術になりますので、VIOラインの中では比較的恥ずかしさを感じにくい施術になります。

穿いている紙パンツを少しずつずらしていきながら器具の照射に必要な部位だけを露出して施術していきますので、性器が見えてしまう心配は全くありません

Vラインの毛をある程度残すことを希望するかたが多いのですが、完全にツルツルにしたい場合や毛の量を調整するために全体の照射を行う場合にも、やはり羞恥心を持たせないように部位全体を露出させて照射することはほとんどないので安心です。

Iラインの場合

続いてIラインですが、こちらは仰向けの状態で施術をするほうの足を曲げた状態で行われます。

性器に近い部位の施術になりますが、やはり紙パンツやタオルで隠しながらの照射になりますので丸見えになってしまうことはありません

左右片方ずつ施術していきますが、他の部位に比べると痛みを覚えやすいところなので刺激が気になる場合には遠慮なくスタッフに申し出るようにしてください。

 

Oラインの場合

Oラインはうつ伏せか四つんばいで行われ、大抵の場合はスタッフ2人がかりの施術となり、お尻が見えるようにお肉を持ち上げる人、照射のために器具を当てる人と役割分担する方法を取っています。

VIOラインの施術の中では一番恥ずかしさを覚えるかたが多いですが、慣れているスタッフが多いので回数を重ねていくうちに気にならなくなるといったかたが多いようです。

自己処理がしづらい部位ですので、思い切った脱毛で煩わしさから解放されたいと考えている女性はたくさんいます。

大勢の女性が施術を受けているからこそ、あまり恥ずかしがらずに施術を受けてみてください。
vio脱毛するならこちら⇒ VIO脱毛まっぷ | 口コミ・効果・料金などでおすすめ脱毛サロンをランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ