日本人女性にも浸透してきているVIO脱毛の実情

VIO脱毛ハイジニーナという言葉を耳したことがあるという女性が増えてきているのではないでしょうか。

これらは女性のいわゆるデリケートゾーン、つまり下半身の下着に隠れている部分のムダ毛を施術対象とした脱毛ケアのことをさします。

デリケートゾーンにムダ毛が生えていることによって、不衛生な状態が続くことや嫌な臭いの原因になることから、海外では完全に処理してしまうことが当たりまえになっている国も多く存在しています。

ムダ毛の処理ひとつをとっても、お国柄によって文化の違いがあるのだと驚かれる方も多いでしょう。

日本人女性においては、下着からはみだしてしまうムダ毛について処理することを心がけている女性が多かったようです。

と、いうのもハリウッドセレブをはじめとする世界で活躍する女性の在り方を真似ることが多い日本人女性においても、彼女たちの常識になっているブラジリアンスタイル、つまりデリケートゾーンのムダ毛を完全に処理してしまうスタイルを取り入れる方が増えているのです。

海外では当たり前だったVIO脱毛も、日本人の女性にもどんどん浸透してきており、実際にVIO脱毛の施術を受ける方も増えてきております。

 

脱毛サロンの影響で身近になったVIO脱毛

数年ほど前から、脱毛専門サロンが手頃で誰もがはじめやすい料金設定によって施術サービスを提供するようになり、脱毛サロンをはじめとする美容サロンが驚くほど身近になりました。

それまでエステや脱毛サロンなどは高価なイメージがあり、自分の暮らしには無縁だと感じていた女性たちも生活に負担のない料金で施術を受けられるようになったのです。

非常に安価な料金で契約できるサロンの登場によって、年代を問わず多くの女性が自分を高めるツールとして脱毛を始められています。

脱毛は自己処理を行うことによって必ず肌への負担やトラブルを引き起こしてしまいます。色素沈着や肌表面のなめらかさが損なわれるだけでなく、処理にかかる手間も女性の負担になりますが、サロンの利用はこれらのお悩みを解消できるメリットがなによりの魅力です。

自己処理に不安を感じるデリケートゾーンについてもプロの手や専用の機械を使った施術が安心です。VIOとは、脚の付け根にあたるVライン陰部のサイドにあたるIライン肛門周りをしめすOラインのムダ毛処理のことです。

これらのムダ毛を処理することによってさまざまなデザインの下着を選ぶことができたり、急な温泉旅行やプールなどの予定にも慌てず対応することができます。自己処理をしていた場合は、これを中止することになるため色素沈着を解消することも可能です。

一度体験した女性は元の状態になることは考えられないと口を揃えておっしゃるようですが、気になる施術内容はやはり施術個所の肌を露出する必要があることに抵抗を感じるケースもあるようです。

ただし、やってよかったという感想ばかりが聞かれることには、恥ずかしいと感じたのは初回や二回目くらいまで、という女性が多いということも背景にあるようです。

施術を担当するのはもちろん同性である女性ですし、照射器などをあてる時間も数秒程度なのですぐに慣れてしまうようです。それよりも処理の手間や肌質の改善のメリットが大きなことが利用者を増やしている理由なのではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ