VIO脱毛の施術前後に気をつける注意点

暖かい季節になるとデリケートゾーンが蒸れやすくなるので臭いが発生してしまう事があります。

特にデリケートゾーンの毛の量が多いと、通気性が悪くなってすそわきがになってしまう可能性もあるので、最近では脱毛サロンでデリケートゾーンの毛を脱毛している女性が増えてきています。

脱毛サロンでデリケートゾーンの毛を脱毛する時はVIO脱毛の施術を受ける事になりますが、初めての人は不安になってしまうでしょう。

そこで脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受ける前後にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

 

Vラインの形をある程度決めておく

脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けるとすべての毛を脱毛してツルツルにする事も可能ですが、違和感を感じてしまう女性も多いです。それでビキニラインのVラインの毛を残す方法で施術を受ける事が出来ます。

そこでVラインの毛を残す形を決めておく必要があります。
人気の形はビキニラインに合わせるスタンダードな逆三角形型と女性らしく可愛らしさを出す事が出来る卵型になっています。

また個性を出したい時はハート型などの形で残す事も可能です。
無難にVラインの毛を残したい時は逆三角形型か卵型にするのがオススメです。

施術を受ける前にVラインの形をある程度決めておくようにしましょう。

Vラインの形については、こちらの記事「VIO脱毛まっぷ | 口コミ・効果・料金などでおすすめ脱毛サロンをランキング」の項目「形が選べるvio脱毛」をチェックしましょう。

 

施術前日は睡眠をしっかり取っておく

脱毛サロンは、光脱毛を採用していて脱毛器の光を毛根に照射して脱毛していく事になります。

照射する光の出力が弱めなので安心して施術を受ける事が出来ますが、体調を整えておかないと肌トラブルが起こってしまう可能性があります。

体調不良になると肌の免疫力が低下してしまうので、出力の弱い光を照射しただけでも負担がかかってしまい炎症を起こしてしまう可能性があります。

施術当日は体調をしっかり整えておく事が大切になってくるので施術前日は、しっかり睡眠を取って体調を整えておくようにしましょう。また飲酒も前日は控えるようにしましょう。

 

Iラインは痛みが出る事がある

脱毛サロンが採用している光脱毛は、肌にかかる負担が少ないと言われていますが、デリケートゾーンの股の下付近のIラインは他の部位に比べて皮膚が薄いので光を照射している時に負担がかかってしまう事があります。

人によっては痛みが強くなってしまう事もあるので注意が必要です。

施術前のカウンセリングでIラインを施術している時に痛みが出る可能性がある事を説明されるので相談してみるといいでしょう。

また実際にIラインを施術している時に痛みが出たらすぐに担当のスタッフに伝えて麻酔などで対応してもらうようにしましょう。

 

施術後の数日間がシャワーで済ませる

脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けた後にお手入れをしてくれますが、それでも数日間は肌に熱がこもった状態になっています。

それで施術を受けた後に熱いお風呂に入ってしまうと、デリケートゾーンが火傷の症状を起こしてしまう可能性があります。

特にデリケートゾーンは皮膚が薄いので、熱いお風呂に入っただけでも火傷の症状が酷くなってしまう事があります。その為、デリケートゾーンに強い痛みが発生して、日常生活に支障が出てしまう事もあります。

脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受けた後の数日間がシャワーで済ませて、肌の状態がある程度落ち着いたら熱いお風呂にに入るようにしましょう。

 

通いやすい脱毛サロンを選ぶ

脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受ける時は毛周期に合わせる事になるので2ヶ月に1度のペースで行います。

施術回数は6~10回と言われているので1年から1年半以上かかる事になります。

長い期間かかるのでVIO脱毛の施術を受ける脱毛サロンを選ぶ時は、通いやすさを重視する必要があります。

駅前になるなど自宅から交通アクセスが良い脱毛サロンを選ぶようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ