VIO脱毛の自己処理の危険性と、永久脱毛の注意点

多くの女性が気にしているものの、どうお手入れをしたらいいのか悩んでしまうのがVIO脱毛です。

VIOは全てを自己処理をするのは意外と難しい部位です。
カミソリ負けしやすいデリケートな部位でもありますし、ワックスや毛抜きなどできれいに脱毛しようと思えば痛みも伴います。

また処理の時に肌や毛穴にキズがついてしまうと、そこから雑菌が入って炎症を起こしやすくもあります。

家庭用脱毛機を使えばVラインは自分でも脱毛が出来ます。ですがIOラインは自分では家庭用脱毛器でも照射しづらいですし、肌が黒ずんでいる場合うまく脱毛することが出来ないのです。

火傷などの肌トラブルの心配もありますのであまりオススメできません。

自己処理の悩みから解放されるためには、医療クリニックや脱毛サロンでVIO脱毛をしてしまうのが良い選択肢です。VIO脱毛で優良なサロンやクリニックを探すならこちら⇒ VIO脱毛まっぷ | 口コミ・効果・料金などでおすすめ脱毛サロンをランキング
 

脱毛サロンやクリニックがおすすめですがデメリットも

VIO脱毛はハイジニーナと言って女性に人気のある脱毛部位です。(サロンやクリニックよってはVIOラインを全部無くすことをハイジーナと呼ぶことがあります。)

最初はVIO脱毛なんて恥ずかしいという気もしますが、スタッフ全てが女性のクリニックもたくさんあります。

同性同士ならそれ程気遣いすることもありませんし、恥ずかしさが出来るだけ軽減するように施術してくれますので、恥ずかしいのは最初の1,2回くらいまでです。

また他の部位と違って、VIO脱毛はどのように脱毛をしてどのように残すのかということもしっかり相談する必要があります。

特に医療クリニックのレーザー脱毛の場合、脱毛が完了してしまうと毛が生えてこなくなります。ですので永久脱毛には迷いがある場合には、脱毛サロンを選ぶことも大切です。

Vラインまでつるつるにしてしまうと、プールや温泉に行った時に周囲の目が気になることもありますので、よく考える必要があります。
最初は絶対永久脱毛がいいと思っていても、いざIOラインの脱毛をしてみると意外なデメリットが分かるものです。

永久脱毛のデメリット

摩擦刺激

よくあるデメリットが摩擦刺激です。
今まではムダ毛がクッションになっていたけれど、脱毛をして毛がなくなったら下着と擦れて炎症を起こしてしまうことがあります。

すっきりとして衛生的に清潔になる反面、肌荒れが起きることもあるのです。また摩擦によって肌が黒ずむことがあります。

VIOラインの黒ずみ

また脱毛をしたことによって、VIOラインの黒ずみが目だって恥ずかしいという別の悩みが出てくることもあります。
その場合はVIO脱毛と一緒に美白ケアの必要性も出てきますね。

自分がどうなのか心配な場合には、まずVIOラインの脱毛を契約する前に自分で処理をしてみて確認することも大切ですね。

VIO脱毛を失敗しないために

永久脱毛してしまうという選択肢だけではなく、Vラインの面積を今より小さくしたい、Iラインは薄くするだけでなどといった細かい注文をすることも出来ます。

しっかりと最初のカウンセリングの時点で自分の希望が伝えられるように、自分がどうしたいかということは紙に書き出してみることもおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ