ハイジニーナ脱毛のメリットとデメリット

女性のムダ毛処理で、最も時間がかかるのはいわゆるVIOラインと呼ばれるアンダーヘアの処理になっていて、一般的に脱毛の施術を受ける部位もアンダーヘアが多い傾向が見られます。

ただアンダーヘアの処理として、通常行なわれているのはVラインの形を整える施術になっていて、ハイジニーナと呼ばれているアンダーヘアの全処理をしてしまう方はまだまだ少ないと言えます。

これはハイジニーナ脱毛にはどの様なメリットとデメリットがあるかが不透明になっている事が原因で、脱毛を考えている方の中にはハイジニーナ脱毛した方が良いと言える方もいらっしゃいます。

ここではハイジーナ脱毛のメリットやデメリットについて解説します。

 

ハイジニーナ脱毛のメリット

デリケートゾーンが清潔になる


まずハイジニーナ脱毛のメリットとして最初に挙げられるものは、デリケートゾーンを清潔に保ちやすいと言う物になります。

デリケートゾーン周辺にはアンダーヘアが生えていますが、この時にはキチンとケアしていないと雑菌が繁殖してしまう可能性があります。

例えば、体を洗った際にアンダーヘアに石鹸の洗い残しがあるとそれが雑菌の栄養になってしまいますし、そもそもアンダーヘアがあると複雑な形状をしているデリケートゾーンは細かな部分まで洗いにくくなるとされています。

ハイジニーナ脱毛すれば洗いやすくなると言えますし石鹸の洗い残しの可能性もほとんど無くすことができます。

また、オリモノの付着や、生理中の血液の付着が無くなるので、清潔に保つことができます。
見た目だけでも、清潔があることもポイントです。

 

すそわきがの改善に導く


次に挙げられるメリットですが、こちらは衛生面とも関係ありますがすそわきがなどの問題も起こりにくくなります。
すそわきがとはデリケートゾーンからわきがに近い臭いが発生している状態を指していますが、これは汗腺から排出された汗が原因になります。

基本的には排出された汗がアンダーヘアに溜まり、それが時間経過と共に臭いを発生させています。
なので汗が溜まる場所であるアンダーヘアを無くしてしまう事で汗が流れやすくなり、その結果としてすそわきがが改善される効果も期待できます。

 

男性からの評価が上がる

さらに、男性からの評判も高くなる傾向が見られます。
これは日本人はアンダーヘアがある状態が普通とされていることが理由になっていて、アンダーヘアがない状態は珍しくそれだけ男性の性的興奮を高めるとされています。

またハイジニーナ脱毛は海外では一般的になっていて、基本的に海外ではアンダーヘアを処理していない人の方が少なくなります。

これには文化や風習の違いなどもあるのですが、それが男性からの人気に繋がっていて、日本人でありながらハイジニーナ脱毛していた場合にはまるで海外の女性を相手にしているような気分になれるとされています。

 

ハイジニーナ脱毛のデメリット


ハイジニーナ脱毛のデメリットとなるのは同性からの視線になるということ。

ただ、この同性の目と言うのは非常に限られた場所の話になっています。例えば温泉や銭湯などの公衆浴場や、海やプールで水着に着替える際の更衣室など日常生活ではあまり利用しない場所での話になります。

また温泉や銭湯などは人の少ない時間帯を狙って利用する事ができますし、着替えも車の中やタオルで隠しながらなどでカバーする事ができます。

なのでハイジニーナ脱毛のデメリットといってもほとんど問題にはなっておらず、それが少しずつではありますがアンダーヘアを全処理する女性が増加傾向にある理由になっています。

 

ハイジーナ脱毛まとめ

この様にハイジニーナ脱毛は、臭いや雑菌などの衛生面を気にする方や自分のパートナーに喜んで欲しい方などに向いています。
人の目が気にならないと言う女性であれば、ほとんどデメリットのない脱毛になっているとされています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ