脱毛サロンに行く時のファッションや、施術の際の服装について。

脱毛サロンで脱毛したいと思った際、服装などの決まりはあるかなどちょっとしたことが気になるかと思います。

多くのサロンではホームページにQ&Aコーナーを設けていたり、無料カウンセリングを行っているので疑問を解決することが可能ですが、カウンセリングにいく前にある程度知っておきたいといった方もいらっしゃるかもしれません。

備えあれば憂いなしで小さな疑問は早めに解決するのが良いですね。

ここでは、実際に脱毛サロンで施術を受ける際の服装や、脱毛サロンに行く時のファッションなどについて詳しく解説していきます。

 

脱毛の施術を受ける際の服装


脱毛サロンで施術を受ける際の服装ですが、部位によっても異なるものの基本的にサロンのほうで用意されているものに着替える事になるのが一般的です。

例えば、脇脱毛をする場合には脇を露出していれば良いため、キャミソールやガウンなどを借りてそれに着替えることになります。

ブラジャーはそのままで問題ないことが多いため、上半身のみの着替えで問題ないでしょう。

VIOはペーパーショーツ、すなわち紙パンツを着用して脱毛することが多くなっているため、特に自身で用意しなければならないということは無いと思っておいて問題ないかと思います。
こちらも参考に:どんな格好でVIO脱毛するのか気になる

 

脱毛サロン行く際のファッションから髪型まで

来店時の服装に指示があるサロンというのはあまり見かけることがありませんが、強いていうならば着替えやすい格好であったり、施術後の肌に負担をかけないようゆるっとしたシルエットのものを選択するのが良いかもしれません。

ゆったりしていて着替えやすいということでワンピースなどを検討することもあるかもしれませんが、脇脱毛のように上半身のみ着替えるといったときには上下つながっているものだと少々面倒なので、それぞれ分かれているものが無難です。
首が広いTシャツや前開きのシャツなどは着替えやすいかもしれませんね。

また、脱毛の後の肌というのは非常にデリケートなため、締め付けたり擦れたりし易いものは避けたほうが良いといわれています。そのため脚やVIOといった下半身の脱毛をする際にはストッキングやタイツは履かないほうが良いかもしれません。

ちなみに脱毛時には日焼けをしていると施術を受けられない場合もあるため、長袖や日傘を差すなど日焼け対策をしておくなどちょっとした工夫をするのもおすすめです。

髪型に関する指定なども特にないことが多いですが、ベッドに横になる場合を想定すると低めの位置でまとめ髪をしてしまうと少々邪魔になる場合があります。

しかし、だからといって高い位置でお団子をしても崩れてきてしまうことも考えられるため、あまりお薦めはできません。一度サロンでの脱毛を経験するとわかるようになるかもしれませんが、二つ結びなどが良いかもしれませんね。

服装や髪型にも少し気をつけてスムーズに脱毛できるようにしたいものですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ